新栄グループは、アンピールマンションでおなじみの新栄住宅を基幹とする総合不動産企業グループです。

202406/04

家族へ繋ぐ資産を守る「相続対策」「資産対策」先延ばしすると…実は大変なことに!? ①

「早めの対策を」と、よく聞きます。ですが、「土地や資産をたくさん持っているお金持ちの話で自分には関係ない」と思っていませんか?

それは大間違い

相続問題は、所有資産の多少にかかわらず誰にでも降りかかってくる問題。
良かれと思って残した資産が、逆に、お子さんやお孫さんに大きな負担をかけ、その暮らしを大きく左右してしまうことだってあるのです。
家族の幸せを育むための相続対策、資産の有効活用について不動産鑑定士の
扇 幸一郎 氏に聞きました。

地価が上昇している今だからこそ 考えておかないと思わぬ事態に

「相続対策」をしておかないと、どんなことがおきるのでしょうか。
相続財産には、現金に預貯金、証券、貴金属、そして土地・建物といった不動産があります。
現金や預貯金などは、額がはっきりしていますし、分割もしやすいのです。

厄介なのは不動産

今、福岡の地価上昇が注目されていますが、現在の価値は目に見えにくいものです。相続人が複数いる場合は、分割するのも困難です。

一つ例をご紹介しましょう。

福岡市中央区のAさんご夫婦は、お母さまの名義の土地に同居していました。街中の一等地。
地価がぐんぐん上昇するさなか、お母さまが亡くなられました。
Aさんは資産家となり悠々自適な生活を……と思いきや。

なんと長年住み慣れた家を手放さざるを得なくなったのです

お母さまの遺した財産は、土地・家屋のみ。これをきょうだい5人で相続すると、Aさんが
済み続けるためには、他の4人に現金を支払わなければいけません。Aさんの手元にそんな預貯金はなく、土地・家屋を
売却して分けるしかなかったというわけです。

「今さら転居なんて考えてもいなかった。もっと早いうちに、相続対策を考えて於くべきだった」

とAさんは悔やんでいます。
Aさんのお母さまのように、「保有資産は不動産だけで現金・預貯金はほぼゼロ」というケースは案外多く、
そういう人に限って相続対策をしていないんもんですよ。

土地に価格が上昇していないときはまだしも、上昇している今、
「不動産のほったらかしは最大の罪」              

と言えるでしょう。

その②へ続く


プロフィール
不動産鑑定士
扇 幸一郎 (おおぎこういちろう)
よりそい不動産鑑定株式会社 代表取締役

電話:092-753-9680
住所:〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2丁目4番38号チサンマンション天神Ⅲ209