スタッフブログ

不動産売買における重要事項説明

2021.10.18投稿者:川島

ブログをご覧の皆様おはこんばにちは!
毎朝8時の電車で出勤することでお馴染みの川島です!

このブログをご覧の皆様はおそらく不動産の購入や売却をご検討されている方が多いと思いますので不動産の売買についての話をしたいと思います。

不動産の売買契約をする際に契約の前に重要事項説明というものがあります💡
これは、宅地建物取引業法の第35条(重要事項説明をしましょう!とかいてある部分)に規定されている、宅地建物取引士が買主様に対して必ず行わなければならない説明です。
この重要事項説明は重要事項説明書というものを説明して交付するのですが、何のためにするのかといいますと


宅地建物取引は複雑で難しいため、一般の買主の方へ少なくとも第35条に規定された内容を説明して不測の損害を被らないようにするため。

Ex)「土地を買ったのに接道が取れないから家が建てられない!こんなこと知らなかった!」ってならないようにちゃんと宅建業者が教えてくれます。


不動産取引で多い「聞いた聞いてない紛争」「言った言ってない紛争」を防ぐため

ex)買主様「家が建てられない土地なんて知らなかった!!」業者「重要事項説明書に記載されてありますよ。」となるわけです。


つまり、重要事項説明を受ける際にはしっかりと見て聞いて納得した上で契約を行うことが重要です!
また、分からないことがある時は尋ねるとしっかりと説明してくれますよ💡

重要事項説明書の記載事項についてですが、取引によって(売買なのか賃貸なのか、戸建かマンションか等々)変わってきますが、大きく分けて4つあります。
1. 取引対象不動産の権利関係
2. 取引対象不動産に係る法令上の制限
3. 取引対象不動産の状態やその見込み
4. 契約の条件
です!
つまるところ、その物件に関する重要なことが大体書いてあります!
この重要事項説明書を作るために不動産屋は法務局や市役所、水道局等々色々なところを駆け回って調査をするのです!
そして、調査をしっかりして責任持って説明をして契約をしました!ということで契約締結の際に手数料を我々は頂いているというわけです。

重要事項説明がどういうものかというのが少しはお分かりいただけたでしょうか?
分かりにくかったらすみません🤿
重要事項説明書というのはその物件ごとに作るため、物件によって違います。また、作る人によっても書き方も変わってきます。よーく読むと意外と楽しいので是非過去に重要事項説明を受けたことのある方は見てみて下さい。これから購入をご検討をされている方は重要事項説明を受ける際には、細かいところまでしっかり見て、聞いて下さいね😊

 

ps 10月中ばということで(やっと)寒くなってきましたので、風邪などひかぬようご自愛ください。

会員登録「会員だけの3つの特典!
1.より早くご希望の物件情報を入手できます。
2.自社の物件を優先的にいち早くメールで通知します。
3.知りたい地域の物件の成約価格が検索できます。

仮登録する

トップページ > スタッフブログ > 川島 > 不動産売買における重要事項説明

Copyright (C) 2021 新栄住宅不動産販売株式会社 All rights reserved.
PAGE TOP