スタッフブログ

単身女性はマンションを買うべし!|アンピール仲介の一言不動産コラム

2016.07.10投稿者:森田

20年以上の愛煙家ですが、健康診断で「肺気腫になって、酸素ボンベが

必要になりますよ!」と脅され、電子タバコ喫煙 を検討し始めた『森田』です。

いっその事禁煙しろ!禁煙 と言う声が聞こえてきそうですが、それがなかなか、、、、

 

さてさて、『森田』のブログは今回もかなりの長文です(1500字ほどあります)

お時間があるときにゆっくりお読みください。(特に女性の方

 

 

住宅を購入される方々には幅広い年齢層がいらっしゃいます。

平成25年度の国土交通省の調査によると、年代別では30代の購入者が

一番のボリュームゾーンとなっています。

30代と言えば、一般的に結婚後子供が小・中学校学校 に入学する位のタイミング

で購入している方が多いであろうことが窺えます。

この年代では自己資金のみで住宅を購入できる方は殆ど居らっしゃいませんので

多くの方は住宅ローンを申し込むことになります。銀行 

夫婦がサラリーマンと専業主婦の場合、必然的に夫がローンを組むことに

なりますが、共働きである場合はどうでしょう?この場合も多くの場合、

夫がローンを組んでいるのではないでしょうか?

問題はここからです。共働きであっても夫が転職して間もない、または

何らかの事情でローンの取り組みが難しい場合などで、妻が単独でローンを

申込んでも取組むことが出来ない場合があります。(民間金融機関の場合)

銀行は未だ保守的で(特に地銀は)、夫の収入をメインに家計を考えます。

女性の場合、妊娠・出産等により継続的に安定した収入が得られない可能性が

あり、銀行はそれをリスクととらえます。そのため妻が主たる債務者となる場合、

多くは夫の連帯債務が必要となるのです。(金融機関に依りますが)

 

 

話しは変わって、生涯未婚率が2035年に男性は29.0%にまでアップする見通しだと、

2015年10月27日に発表された15年版の厚生労働白書の中で明らかにされました。冷や汗2 (顔) 

生涯未婚率とは50歳までに一度も結婚したことのない人の割合を指しており、

白書によると、女性は、2035年には19.2%になると予測されています。

2010年の国税調査では、男性が20.1%、女性が10.6%になっていましたので、

女性は2倍近くなってます。現在アラサーの男性のおよそ3人に1人女性のおよそ

5人に1人は結婚することなく生涯を終えることになります。この先、その割合は

さらに上昇するものとみられます。考えてる顔 

ここまで来ると、結婚して子供の成長に合わせて住宅を取得するというのは、

一般的とまで言えなくなるかもしれません。


先にご紹介した妻単独でのローンの難しさとは逆に、単身である場合はローンの

取り組みが比較的容易です。

将来の事は誰にもわかりません。いずれは結婚をするつもりでも、そうはならない

かもしれません。逆に単身を貫くつもりでも、結婚することになるかもしれません。


女性のみなさんには、どのようなケースであれ、自分の意思で住宅を購入するか

否か、またローンが借りれるか否かを選択できる単身のうちに購入の検討を強く

お勧めしますdouble exclamation 


中には購入した後、結婚したら購入した家が無駄になると思われる方もいらっしゃ

るでしょうが、心配はご無用です指でOK 一人で住まうのに適した住宅なら賃貸の需要は

十分あります。人口は減少していますが、単身者の世帯数は右肩上がりで増え続

けていますグッド (上向き矢印) 

賃借人からの家賃でローンを支払すれば労せずして資産形成出来ます有料 

不動産は換金性も高いものですから、売却して現金に換えることも出来るでしょう。

結婚してから住む家は、ご主人の名義で購入すれば良いでしょうから、困ることは

有りません。

女性にしか成し得ないスキームです!一度ご検討してみてはいかがでしょう?

会員登録「会員だけの3つの特典!
1.より早くご希望の物件情報を入手できます。
2.自社の物件を優先的にいち早くメールで通知します。
3.知りたい地域の物件の成約価格が検索できます。

仮登録する

トップページ > スタッフブログ > 他スタッフ > 森田 > 単身女性はマンションを買うべし!|アンピール仲介の一言不動産コラム

Copyright (C) 2021 新栄住宅不動産販売株式会社 All rights reserved.
PAGE TOP